2020年02月06日

【延期になりました】 → 新バンド天気予報の初ライブ情報

こちらのライブは無期延期となりました。何卒よろしくお願いいたします。

バンドdeブラジルたて.png

2019年からヒガシノリュウイチロウが始めました新バンド「天気予報」の初ライブが決まりました。

4月25日(土)

場所:武蔵小山アゲイン

開場:18:00
開演:19:00

入場料:予約2,300円、当日2,500円

KKかるろすというバンドと対バンです!

ご予約ご希望の方は私までご連絡ください!
(キャンセル料とかはありませんのでぜひご予約を)

メールアドレス→ info■novabossanova.com
(迷惑メールが非常に多いため、申し訳ありませんがメールをお送りの際には上記の■を@に変えてお送り下さい)

2019年12月18日

バンド「天気予報」5回目のリハ。

バンド「天気予報」の5回目のリハを一昨日行いました。

今回はベースのアキくんの提案でオリジナル中心の練習。

とは言ってもこのバンド用のオリジナルはまだ無いので僕のCD『samba03』の中から「愛の季節」「フレヴォ」「砂の城」を合わせてみました。

CDにはキーボードなど沢山の音が入っているのでそれをトリオで演奏するのがなかなか難しいですね。

僕がギターでメロディを弾くと和音が無くなってしまいます。

ロックっぽい曲ならそれでもなんとかなるのですけど、テンションコードを使った曲だとちょっと物足りない感じになってしまいます。

ということで今回メロディ的なものはベースのアキくんに弾いてもらったりして試してみました。

「砂の城」は2年ほど前に弾き語りライブをした時はルーパーを使ってギターソロを入れたのですけど、今回僕がソロを弾いてしまうとC4,7(9) Bb4,7(9)みたいなコード感が無くなってしまうので、スタジオでいきなりベースのアキくんにソロを弾いてくれと無茶ぶりしてみました。

結果、なかなかいい感じになったと思うのでよろしければスタジオでiPhone一発録りした音源を聴いてみてください。

もうちょっとベースが聞こえたらいいなと思うのですが1ポイントモノラル録音なのでいつの日かちゃんと録音してみたいと思います。

2019年11月26日

2年ぶりに弾き語りライブをしました!

一昨日24日(日)に久々の弾き語りライブをしました。

前回のライブが2017年11月19日でしたのでなんと2年ぶり!

2017年8月27日には今回と同じく立石レイさんと対バンライブをしました。

その時はエレキ・ギターやルーパーを使ってオリジナル中心に演奏しましたが、今回は生のガット・ギターでボサノヴァ・スタンダード曲のみを演奏しましたので前回とはかなり違ったライブになったと思います。

立石レイさんは最近ユーミンとボサノヴァのカヴァー曲を出されたのでユーミン中心の演奏。

レイさんの歌声はユーミンの曲にとても合っていて素敵でした。

自分的には松田聖子にユーミンが書いた「小麦色のマーメイド」が聴けて良かったです!

この2人で2020年4月12日(日)にまた対バンライブをしますのでよろしくお願いします。

僕のセット・リストは以下でした。

Flamengo ate morrer
Samba da Pergunta
E Nada Mais
Moça Flor
De Repente,Moça Flor
Marcha da quarta-feira de cinzas
Coisa Mais Linda
Chora Tua Tristeza
Chove Lá Fora
Balanço Zona Sul
Seu Encanto
Tardes Cariocas
Menina Flor
Desafinado

立石レイさんと共演
Águas De Março
Corvett 1954

当日の演奏をYouTubeにアップしましたのでよろしければ聴いてください!

「Menina Flor」Luiz Bonfá cover


「Coisa Mais Linda」Carlos Lyra cover


「Chora Tua Tristeza」Oscar Castro-Neves cover


「Balanço Zona Sul」Tito Madi cover


「De Repente,Moça Flor」Marcos Valle cover

2019年11月23日

明日24日(日)弾き語りライブします!

明日24日(日)久々にライブいたします。

生のガットギターでボサノヴァのカヴァーだけ演奏します。最近ユーミンのカヴァー&ボッサのCDをリリースされた立石レイさんと対バンです。二人の共演もあり。

僕はマルコス・ヴァーリ、ピンガリーリョ、ドゥルヴァウ・フェヘイラ、カルロス・リラ、オスカー・カストロネヴィス、チト・マヂ、ジョイス、ルイス・ボンファ、そしてもちろんアントニオ・カルロス・ジョビンの曲を歌います。

場所:渋谷ノースマリンドライブ

11月24日(日)
1部:立石レイ(g,vo)
2部:ヒガシノリュウイチロウ(g,vo)
open 17:30 / start 18:00
charge 2500yen(1ドリンク込み・税別)

レイさんがリハの動画をアップしてくれているのでシェアさせていただきます!

2019年11月19日

バンド「天気予報」4回目のリハ終了。

バンド「天気予報」の4回目のリハをしました。

今回のテーマはiPhoneで録っているスタジオ練習の音にヴォーカルをちゃんと入れること。

これまではアンプの上とかにiPhoneを乗せて録音していましたが、それだと楽器音が大きすぎてヴォーカルが引っ込み気味でした。

そこでヴォーカルが出ているスピーカーの前にiPhoneフォンを設置したらどうかと思い、マイクスタンドにiPhoneを固定してスピーカーの前に設置して録音してみました。

結果はまずまず良好。

ということで『Previsão Do Tempo』から「Nem Paletó, Nem Gravata」を聴いてください!

この曲はロックっぽいので『ブラック・シー』あたりのXTCのギターを意識して弾いてみました。

2019年11月14日

11月24日(日)久々にライブいたします。

なんと前回のライブから2年も経ってしまいました。
最近バンドを始めたのですが今回のライブは弾き語りです。
エレガットではなく生のガットギターでボサノヴァのカヴァーだけ演奏します。
最近ユーミンのカヴァー&ボッサのCDをリリースされた立石レイさんと対バンです。
レイさんとは2年前にも対バンして1曲一緒に演奏したのですが、今回は2曲共演いたします。
店でリハした時の動画をレイさんがアップしてくださってるのでご覧くださいませ!

場所:渋谷ノースマリンドライブ

11月24日(日)
1部:立石レイ(g,vo)
2部:ヒガシノリュウイチロウ(g,vo)
open 17:30 / start 18:00
charge 2500yen(1ドリンク込み・税別)

2019年11月05日

リハ音源から「フラメンゴ・アテ・モヘール」を追加しました。

マルコス・ヴァーリのアルバム『Previsão Do Tempo(天気予報)』のオープニング曲「フラメンゴ・アテ・モヘール」が好きで弾き語りで何度も演奏してきましたが、今回バンドでこの曲を演奏できるのがとても嬉しいです。

リオの少年が自分の好きなサッカーチーム「フラメンゴ」の試合を観に行くのが楽しみで仕方がないという内容。

歌詞の中には当時発表されたばかりのジョビンの新曲「三月の水」のフレーズも飛び出してきます。

「三月の水」はリリースされた時かなり衝撃的だったようでイヴァン・リンスやジョイスも自分の曲の中に「三月の水」のフレーズを取り入れていますね。

というわけでやっとバンドで演奏できるようになった「Flamengo Até Morrer(死ぬまでフラメンゴ)」を良ければ聴いてください。自分的にはギターソロがまだまだですがこれから精進します!

バンド「天気予報」の3回目のリハをしました。

昨日はバンド「天気予報」の3回目のリハをしました。

2回目は10月半ばにしたのですが、この時スタジオで借りたiPhone用の録音マイクの調子が悪く、音が録れてなかったので2回目はパスして今回の練習のレポートをアップします。

このバンドはマルコス・ヴァーリのアルバム『Previsão Do Tempo』の曲を自分たちの解釈で演奏するのが基本コンセプトなのですが、やはりオリジナルもやっていこうということになり、今日は僕のミニアルバム『Samba03』の中から「愛の季節」と「フレヴォ」を少し練習してみました。

ドラムの安江さんは『Samba03』やこのCDのレコ発ライブにも参加してもらったのですけど、16年も前のことですので今回新たにアレンジし直しです。今日は「愛の季節」を中心にやりましたが、ベースのアキくんの意見も取り入れなんとか路線は決まったものの、お聴かせするにはまだ早い気がしますので今日はマルコスの「Tira A Mão」という曲をアップします。

この曲のタイトルは日本語にすると「手をどけろ」なんですが、「俺の肩に手を乗せるなよ!喧嘩をふっかける気か?」というマルコスらしからぬ物騒な歌詞で、サウンドも不思議な感じです。

オリジナルはグニョグニョしたシンセが入ってますが、ギタートリオなのでエフェクターをたくさんかましたギターでなんとかグニョグニョ感を出せないかと試行錯誤しています。

ということで過渡期のサウンドですが良ければ聴いてください。

マルコス・ヴァーリのカヴァー曲「Tira A Mão」です!



2019年10月01日

新バンド「天気予報」始動!

少し前からバンドを始動すると各所で書いていましたが、やっと昨日初めてのリハが出来ました!

渋谷のスタジオ・ノア2という所で2時間練習したのですけど、スタジオに入ること自体が超久々で色々戸惑いました。

一番困ったのがギターアンプからのノイズ。ジャズコーラスとマーシャルがあったのですけど、基本クリーントーンを使う予定だったのでジャズコーラスを選びましたがノイズがひどい。どうもギターが拾ってるみたいなんですが、いくらシングルコイル(ムスタング)とはいえひどすぎる。

とはいえ貴重な時間は過ぎて行くので我慢して練習をはじめました。

それであと30分くらいになった時ふとマーシャルだとどうだろうと思いマーシャルに繋いでみたら全然ノイズ無いじゃん!

最初からマーシャルにしておけば良かったと後悔しました。次も同じスタジオ取ったのでこれからは迷わずマーシャルで行きます。

そうそう、バンド・メンバーを紹介しますと、ドラムに以前CDを作った時やそのレコ発ライブで叩いてもらった安江さん。そしてベースはNorth Marine Driveで知り合った若手のアキくんです。

二人とも素晴らしいプレイヤーなので1回目からなかなかカッコイイ音になったと思います。

1番のネックは僕の演奏か(笑)

もっとギターもヴォーカルも精進したいと思います。

練習を録音してたのですけどスタジオの時間制限ギリギリの所でイイ感じのが録れたのでよければ聴いてください。

マルコス・ヴァーリのカヴァー曲「メンチーラ」です!

2017年11月14日

11月19日(日)ライブいたします。

22519543_1380531162059596_1213561612878732328_n.jpg

今度の日曜日久々にライブいたします。

今回のライブは神楽坂大洋レコードの店主伊藤さんと奥さんによるユニット、ryosuke itoh e shiho の12cmCDアルバム「Minha Estrada」リリースパーティーです。

場所は渋谷:バー・ノースマリンドライブ

ヒガシノはオープニングで演奏いたしますが、今回いつもと違い16時スタートですのでご注意を。

今回僕は全曲エピフォン・カジノ1966で演奏いたします!ルーパー上手くなってるといいんですが(笑)

11月19日(日)
ryosuke itoh e shiho『MINHA ESTRADA』発売記念パーティー
Gigs
1部:ヒガシノリュウイチロウ
2部:ruosuke itoh e shiho、
DJ & Record Shop オトノマド(掛けたレコードをその場で販売します。)
open 15:30 / start 16:00
charge 2500yen(1ドリンク込み・税別)

大洋レコード:イベントのお知らせ - 11/19 sun 「Minha Estrada Release Party」

バー・ノースマリンドライブの場所