2019年11月02日

アジムスのDEMOS 1973-1975が凄い!

22_0106_01.jpg

先日ブルーノートでアジムス&マルコス・ヴァーリのライヴを観て来ました。

前回同じカップリングで来日した時アジムスは完全オリジナルメンバーでしたが、キーボードのベルトラミが亡くなってしまったのでキーボードは現メンバーであるキコ・コンチネンチーノでした。

前回のライヴではベルトラミが小さいアナログシンセで結構遊んでたりして面白かったのですが今回はそういう感じは無かったです。(だからと言って面白く無かったというわけではありませんが)

それで今日お話したいのはライヴの話ではなくてそのライヴ会場でも売っていたアジムスの最新作DEMOS 1973-1975が凄いということ。

タイトル通りアジムスがファーストアルバムを出す前にベルトラミのホームスタジオで録音していたデモトラックスなんですがこれが凄いです!

これを聴いてしまうとデビュー以降のアジムスがこじんまりしたものに聴こえてしまうほど実験的でアグレッシヴなんです。

当時ベルトラミが使っていた機材がネットに上がっていました。

1007889398.jpg

Mini Moog Series One, Arp Omni, Arp 2600, Arp Solina Strings, Fender Rhodes 88, Hammond B3 with box speaker, Clavinet with Wah Wah

なんとまあおいしいビンテージキーボードのオンパレード!

これらを駆使してビヨンビヨンのグワングワンな音を紡ぎ出しているんですよ。

アジムスってフュージョンっていうイメージでしたがこれはどちらかと言うとプログレに近いのでは。

そして1973年と言えば僕の大好きなマルコス・ヴァーリの『Previsão Do Tempo』がリリースされた年。

その大半に参加していたアジムスの狂ったサウンドが『Previsão Do Tempo』の印象を作りあげているのは間違いありません。

その後のアジムスのサウンドしか知らなかったのでなんで『Previsão Do Tempo』だけこんなウネウネしたサウンドなのかなと思っていましたがこのデモ集を聴いて納得しました。

当時このサウンドはレコード会社から理解されず、これらのデモ曲は世に出なかったのですけどそのエッセンスが『Previsão Do Tempo』に結実していたのですね。

きっとマルコスはこれらのデモを聴いていたことでしょう。

とにかくアジムス、マルコス・ヴァーリを好きな人はこのDEMOS 1973-1975は必聴です!

プログレ好きもぜひ聴いてみてください。

posted by sonho70 at 16:44| Comment(0) | 音楽

2017年10月24日

Wolf Aliceのライブを観ました。

IMG_8013.jpg

以前もこのブログに書いたのですが(ギター女子 Ellie Rowsell)

夏くらいからギター女子の絵を描きたくてネットで色々調べている時、Ellie Rowsellという女性の写真がたくさんアップされていて注目していたところ、彼女のバンドWolf Aliceの来日が近いという情報をゲットしちょうど月曜日ということで先月速攻でチケットを取りました。

そして昨日ついに生ライブを観て来ました。

ギターを弾く女性の画像を色々検索していると、他にも目を引く人はいるのですけど、YouTubeなどで音を確認してみるとあまり好みでないことが多いのでした。

しかしこのEllie Rowsell率いるWolf Aliceというバンドは90年代のシューゲイザーっぽくてかなり好み。シューゲイザーは好きといってもハマって聴いていたのはマイブラぐらいで、マイブラですら生のライブは観たことがありません。

今回Wolf Aliceのライブが行われたのは渋谷のWWW X。

ここでライブを観るのは2回目で前回はベン・ワット&バーナード・バトラーでした。

ベン・ワット&バーナード・バトラーのライブは入りとしては7割くらいで余裕で観れたのですけど、今回のWolf Aliceは満員で、お客も熱く久々に旬の現役ロックバンドを観たなという感じ。

Ellie Rowsellは写真やYouTubeで観た通りのフォトジェニックな女性で、観客もほとんどが彼女観たさに集まったと思われる男ども。まあ、僕もそうなんですけど(笑)

演奏はレコードで聴くより迫力があって上手く、Ellie以外のギター、ベース、ドラムの男子もカッコいいので観ていて飽きなかったです。

といいうことで、なんか最近大御所のライブばかり観ていたからたまにはフレッシュなバンドを観るのもいいものだと思った満足できるライブでした。

posted by sonho70 at 12:27| Comment(0) | 音楽

2017年09月08日

ギター女子(Ellie Rowsell)

イラストを描くための資料集めにPinterest(ピンタレスト)を使ってて、そこに「ギター女子」っていうボードを作って参考にしています。

ピンタレストって、いいなと思った写真をクリックするとそれに類似したオススメ写真を出してきてくれるのですが、そこに自分の知らない女性ギタリストがいっぱい出てきて、頻繁に出てくる気になっていた人がいました。

今日その人について調べてみたらウルフ・アリスってバンドのエリー・ロウゼルって人でした。

tumblr_mqeg3iBRfu1qhijjko1_1280.jpg

http://pin.it/BHE2B82

それで音も聴いてみたくなり、Apple MusicやYouTubeで聴いてみるとなかなかカッコいい。



さらにググってみると来月来日するじゃないですか!

https://www.creativeman.co.jp/event/wolf-alice-2017/

しかもノースマリンドライブ定休日の月曜日なので早速チケット取っちゃいました。

今から楽しみです!

posted by sonho70 at 14:30| Comment(0) | 音楽

2017年09月03日

「イン・マイ・ライフ」のピアノソロ。

4年ほど前に中学時代に買って失くしてしまったビートルズの本を発見し再購入しました。

スクリーンショット 2017-09-03 11.42.52.png

当時嬉しくてTwitterにもつぶやいていました。

この本、ビートルズのいろんな曲のフレーズが掲載されているんですが
YouTubeで映像を観れるようになって「ブラックバード」なんかは
ポールとポジションが違うなとか、今となってはわかるんですけど、当時は重宝していました。

「イン・マイ・ライフ」の例のバッハ風ピアノソロも採譜されていて、
最近挑戦してみたんですけどあの速さでは到底弾けないんですね。それで諦めていました。



今年また上記の新しいビートルズの本を買って今読んでいるんですけど
そこに驚愕の事実が書いてありました。

あのソロを弾いたジョージ・マーティンの説明を少しここに引用させていただくと

「彼らがいないあいだ、ハープシコード的なソロがあればいいなと私は思った。私がワウンドアップピアノと呼んでいる手法を使ったよ。倍速だ。」

「あと、私はどのみち実際のスピードでは弾けなかった」

「自分がすごく上手く弾けるのだと、みんなを騙すことができる方法だ」

えー!!!!!!!
あれ実際のスピード弾いてなかったの?
40年くらい騙されてましたけど(笑)

ジョージ・マーティンが弾けないものを、自分が弾けるわけないじゃないですか(笑)

というわけで「イン・マイ・ライフ」聴いて楽しむだけにしておくことにしました。おしまい。

Wikipedia「イン・マイ・ライフ」
posted by sonho70 at 12:16| Comment(0) | 音楽

2017年09月01日

ナベサダ作曲「白い波」まとめ。

現在の音楽聴き放題サービスについて僕は最初、そんなに毎日違う音楽聴くかな?と懐疑的だったんですが、昨年フランク・オーシャンの『Blonde』がApple Musicでしか聴けないというリリース形態だったため、Apple Musicに加入しました。

それで1ヶ月でやめるつもりだったのですけど、使っているうちにこれは便利だと思いそのまま年間契約もして使い続けています。

Apple Musicの魅力についてはまた別の機会に書くとして、昨日面白い発見があったのでここにまとめておきます。

最近自分的に気に入っているApple Musicの使い方として、Appleが用意したプレイリストを聴くというのがあります。

これによって、新たな音楽に出会える可能性が増えました。

昨日もApple Musicで野宮真貴さんのプレイリストを聴いている時に最後に入っていたヒデとロザンナの「白い波」という曲が印象に残ったのでTwitterとFacebookにそのことをつぶやいたところ、その両方から新たな情報をいただきました。



まずこれが野宮真貴さんのプレイリストに入っていたヒデとロザンナの「白い波」
作詞:出門英 作曲:渡辺貞夫

それでこれをアップしたところ、実はこれはオリジナルではなくて次の動画のバージョンがオリジナルと教えていただきました。



ユキとヒデの「白い波」。ヒデはヒデとロザンナの出門英でバックはナベサダだそうです。

そしてさらにアストラッド・ジルベルトもこの曲を歌っていると。



実はこの曲が入っているアルバムを持っているんですが、全く気づきませんでした。『Gilberto Golden Japanese Album』というアルバムです。

また、同じ方から高岡早紀の8月23日に発売されたばかりのニューアルバム『SINGS-Daydream Bossa-』にも「白い波」が入っているとのこと。



このアルバムもApple Musicで聴けましたので昨日5回くらい聴いちゃいました。他の曲も良かったです。

https://itunes.apple.com/jp/album/sings-daydream-bossa/id1267714099

というわけでApple Music、YouTube、Twitter、Facebookなどによって音楽ライフが以前とは比べ物にならないほど充実してきました。特にApple MusicとYouTubeはもう生活必需品を言っても過言ではないですね。
posted by sonho70 at 14:22| Comment(0) | 音楽

2017年08月13日

音楽好きに注目してほしい作曲家、神前暁。

昨日楽しみにしていたアニメ『終物語』の第1夜が放送されました。先ほど録画してたのを観終わりましたがやっぱり面白いですね。今夜の第2夜もとても楽しみ。

さて今日紹介したいのは、この物語シリーズの作曲のほとんどを手がけている神前暁(こうさきさとる)という作曲家です。

昨夜の『終物語 - まよいヘル』のオープニング曲も神前暁とクラムボンのミトとの連名での作曲でした。

IMG_7491.JPG

「終物語」OPテーマでmeg rock・ミト・神前 暁の初の共作が実現!

神前暁さんとミトさんの共演はこれが初めてだそうです。ミトさんは『憑物語』 のテーマ曲も作曲しています。

僕が神前暁さんの曲を初めて聴いたのはアニメにハマるずっと以前、ニコ動でボカロ曲などを聴いている時に「踊ってみた」などで使われていたこの曲「恋愛サーキュレーション」です。



この曲はアニメに詳しい星野源氏もとても良いと言ってます。



その後アニメファンになり「恋愛サーキュレーション」が使われている『化物語』を観て、他の曲もとても良いことに気づき神前暁さんに注目するようになりました。

例えば同じ物語シリーズ『猫物語(黒)』オープニングの「Perfect Slumbers」も大好きな曲です。



実は前回の僕のライブでカバーしてたりします(笑)



『恋物語』の「木枯らしセンティメント」はバリバリの80年代テイストで動画もそんな感じになってるのが笑えます。



「木枯らしセンティメント」の女性の声は『魔法少女まどか☆マギカ』で、重要人物ほむらを演じていた斎藤千和さん。美声の上に歌も上手いですねー。

ということで、アニメを観なければなかなか出会うことのないであろう神前暁さんの作品。アニメファンだけのものにしておくのはもったいないので、音楽ファンの人には先入観無しにぜひ聴いてみて欲しいです。

posted by sonho70 at 11:46| Comment(0) | 音楽

2017年08月12日

ギタリストとしてのノラ・ジョーンズ

最近YouTubeでこの動画ばかり観ています。



2010年のグラストンベリー・フェスティバルでのノラ・ジョーンズのライブ。

ノラ・ジョーンズといえばピアノ弾き語りでジャズを歌うというのが一般的なイメージだと思うのですが、このライブでは後半でギターを弾いてて、それが僕的にはピアノ弾き語りよりグッとくるんです。あと、僕はフジロックに行ったことがないのですが、フジロックのお手本となったグラストンベリーの雰囲気がとてもいいです。

16分くらいから、ノラが敬愛するジョニー・キャッシュの「クライ・クライ・クライ」のカバーや自身のオリジナル曲をギターを弾きながら歌います。ギターを弾いてる時はジャズというよりカントリーテイスト。乾いた音で淡々と弾くサウンドが意外に骨太で堂々としています。

Glastonbury+Music+Festival+40th+Anniversary+UauleLEjXl9l.jpg

弾いてるギターも渋くて多分ビンテージのフェンダー・ムスタング。鮮やかな赤色がとてもノラに合ってておしゃれですね。



ノラが女性二人と組んだカントリーバンド、プスンブーツ(Puss n Boots)でもノラはギターを担当してますが、音が薄い分ノラのギターがよく聞こえます。



僕たちの世代ではムスタングといえばチャーですけど、チャーが弾いてる姿を見ても特にこのギターを弾いてみたいと思わなかったのに、ノラが弾いてる姿を見てちょっと欲しくなってしまいました。
posted by sonho70 at 12:44| Comment(0) | 音楽

2017年08月05日

ブライアン・エプスタインが調達したVOXアンプ。

6月の初めに『Beatles gear』という本を買って少しずつ読んでますが、物凄い情報量でまだ半分も読めていません。

ここまで読んだ中で興味深かったのは、ビートルズの世界的成功を語る上で忘れることができないマネージャーのブライアン・エプスタインが、彼らの機材の調達についてもかなり尽力していたということ。

例えば初期のビートルズの写真を見ると必ず写っているVOXのアンプは、早い段階でエプスタインがVOXを作っているJMIという会社と交渉して無料で提供してもらっていたもの。もちろん本人たちも気に入って使っていたのだと思うけど、そういう大人の事情があったのは知りませんでした。

まだバンドが本当に有名になるかどうかわからない1962年にそういう交渉を成立させてしまうブライアン・エプスタイン。やはり彼がいなければビートルズがあれほどの成功を成し遂げることはなかったと思わざるをえないエピソードでした。単に売り込みや金勘定が上手いだけでなく、彼らのサウンドをより良くしなければならないという信念がエプスタインにはあったんですね。

posted by sonho70 at 15:33| Comment(0) | 音楽

2017年07月21日

Billie Joe+Norah

ノラ・ジョーンズは前から好きで作品はチェックしていたはずなんだけどこれは全く見落としていました。グリーンデイのヴォーカル、ビリー・ジョーとのデュエットアルバム。エヴァリー・ブラザーズが1958年に発表したアルバム『Songs Our Daddy Taught Us』に収録されている曲をカヴァーした作品とのこと。キース・リチャーズのドキュメンタリー観てからカントリーに興味が出てきたので好みの感じです。


https://itun.es/jp/JTdCR
posted by sonho70 at 16:14| Comment(0) | 音楽