2017年09月22日

ジョージ・ハリスンのレスポール「ルーシー」

6月に買ったビートルズの楽器について書かれた本『Beatles gear 写真でたどるビートルズと楽器・機材の物語1956~1970』をやっと読み終わりました。

大きくて重いため家でしか読めないので、少しずつ読んで3ヶ月以上かかりましたがとても面白かったです。

この本を読み終わる頃に次に読もうと思って『ビンテージ・ギターをビジネスにした男 ノーマン・ハリス自伝』を購入していました。

それで、ビートルズの本の最後2ページに差し掛かった時、なんと新しく買った本の著者ノーム・ハリス(ノーマン・ハリス)が出てきたので驚きました。

その章の名前は「失われたレスポール」

the_beatles_revolution.jpg

ビートルズの「レヴォリューション」のプロモビデオでジョージが弾いている赤いレスポール「ルーシー」のお話です。

ルーシーは1968年にエリック・クラプトンからプレゼントされたものですが、クラプトンの手に渡る前にも複数のミュージシャンが所有していたギターです。

元々1957年製のゴールドトップだったこのレスポールはラヴィン・スプーンフルのジョン・セバスチャンのものでした。

それをスティーリー・ダン等の仕事で有名なリック・デリンジャーが入手しましたが、ボロボロだったためギブソンのカラマズー工場で赤色に塗り直してもらったそうです。

カラマズー工場で再塗装したとのことだから、きっと同じ工場で作られた僕のカジノの赤色と同じ塗料を使ったのかなと想像してしまいます。

しかし、リック・デリンジャーはなぜか再塗装後弾きにくくなったと感じ、ニューヨークの楽器屋で他の楽器とトレードしてしまったそうです。

そしてその楽器屋でエリック・クラプトンは後に「ルーシー」と名付けられるこのレスポールを買い、ジョージにプレゼントしました。

後にクラプトンはホワイトアルバムの録音にジョージに呼ばれ、このルーシーで「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」のソロを弾きます。

この時点でかなりの伝説をまとったルーシーですが、1970年代前半に何者かによって盗まれてしまいます。

盗人はハリウッドの楽器屋にルーシーを売ったらしいのですが、そこで売られている時にメキシコ人のミュージシャンがそれを購入しました。

その直後店はそのギターが盗品リストに載っていることを知り、購入したメキシコ人と交渉をはじめたそうです。

しかしメキシコ人は交渉に応じずメキシコに帰ってしまい、後に交換条件として1958年製のサンバースト・レスポールを要求してきます。

そこで登場するのが『ビンテージ・ギターをビジネスにした男 ノーマン・ハリス自伝』の著者ノーム・ハリス。

そして無事にノーム・ハリスのおかげでジョージの元にルーシーは戻り、ジョージは亡くなるまで“彼女”と一緒に過ごしました。そして今もジョージのエステートが保管しているそうです。

LP_Harrison.jpg

まあ、ギターをテーマにした本なのでどこかに同じ話題が出てきてもおかしくないのですけど、ちょうど読んでいる本の終わりが次の本につながっていくのは僕にとって面白い偶然でした。

しかしジョージって本当にギターが好きだったんですね。ジョージのギターへの愛をひしひしと感じるエピソードでした。



Beatles gear 写真でたどるビートルズと楽器・機材の物語1956~1970



ビンテージ・ギターをビジネスにした男 ノーマン・ハリス自伝
posted by sonho70 at 13:17| Comment(0) | guitar

2017年09月11日

昔のフェンダーの広告はおしゃれ。

1d3c7600277687dd905b99d4920b5e90.jpg

イラストを描くためにPinterestを中心にインターネットで画像を集めているんですけど昔のフェンダーの広告がとてもおしゃれなことに気づきました。

もちろん当時の他のメーカーの広告もたくさん見つかるんですが、フェンダーのが群を抜いてカッコいいんです。

ギター自体もギブソンに比べてフェンダーは独創的で従来の楽器にとらわれないところがありますが、広告にもその違いが出ていて、ギブソンのは質実剛健で真面目な感じ。

1356a9520f56d19178dcf1a6f0432728.jpg

対してフェンダーはイメージ戦略が巧妙で今見てもおしゃれなんです。

5d8dc00bbca9cb4614f72f58abcf6e64.jpg

フェンダーのギターデザインってミッドセンチュリーモダンなんですよね。

Pinterestに他の広告もまとめてあるのでよければ見てください。

ギター広告(お気に入り)Pinterest Link

ギター広告 Pinterest Link



こういう写真を色々見ていて気づいたんですが、以前買ったこの本『VINTAGE GUITAR CAFE』の表紙デザインは以下のフェンダーのカタログからインスパイアされたものだったんですね。

e39f35c348d3d1fc7bbcc1d87c83c6a5.jpg
posted by sonho70 at 13:27| Comment(0) | guitar

2017年09月09日

ストリング・リテイナー描き忘れ。

ストリング・リテイナーってご存知でしょうか。



ストラトキャスターなどのギターヘッドについているこんな部品です。

以前から所有していて何かあった時に重宝している『エレクトリック・ギター・メカニズム』という本の説明を引用させていただくと。



「指板面に対してヘッドに角度が付けられているギターでは必要のないものだが、フェンダーのギターのように、ヘッド面が指板面と平行で一段低くなっているタイプのギターの場合、ペグがナットから遠い弦ではナットへの弦の当たりが弱くなるので、弦を下に押さえてナット部でのテンションをかせぐために“ストリング・リテイナー”というパーツが使われる。」

というものです。

先日フェンダー・ムスタングを描いたイラスト習作#1が完成したので次はジャガーでも描いてみようかなと、先ほど資料集めをしていた時、「あれ?この前の絵にストリング・リテイナー描いたっけ?」という疑問が…。

早速見てみるとやっぱり描き忘れている!

参考にした写真ではヘッドのストリング・リテイナーのある部分にカポタストが挟まっていてそれを省略したので、すっかりストリング・リテイナーの存在を忘れていたのです。

小さい部品だしまあいいかとも思ったのですが、あとあと気になってくるのもいやなので、まだ公開したばかりだし描き加えて差し替えさせていただきました。

ということで修正作品です。まだまだ観察力が足りませんねー。精進しなければ!

ノラムス正方形.png
posted by sonho70 at 14:14| Comment(0) | guitar

2017年08月16日

ジョン・レノンのVOXパイソンストラップ

新しいギターを買ったし、新しいストラップを買ってみようかなと考えていた時、気になったものがありました。

それはVOXのパイソンストラップ。

John_Lennon_1964_001_cropped.png

この写真でジョンが使ってるストラップがパイソンストラップです。

ビートルズが世界制覇していた頃、楽器メーカーはなんとかして自社の製品をビートルズに使ってもらおうとしていたのですが、VOXはアンプのみならずストラップまでビートルズに提供しました。それがパイソンストラップです。

パイソンとはニシキヘビのことで、ジョン・レノン自身が蛇の鱗付きのヘビ革ストラップを希望したところ、VOXはそれを金属で表現して制作したとのこと。今見てもカッコいいですよね。

それで僕も買ってみようかなと調べたところ、まず値段が高い。そして使っている人によると、重く、しかも金属が徐々に曇ってくるとのこと。

ということで購入は躊躇しているんですけど気になっているストラップです。



パイソンストラップのことは今読んでいるこの本に載ってます。



でもやっぱり欲しいなぁ(笑)
posted by sonho70 at 11:51| Comment(0) | guitar

2017年07月20日

フェンダー・ムスタング

ノラ・ジョーンズのカントリーユニットPuss N Bootsが好きです。グラストンベリーでのノラのライブでもこのムスタング弾いてるけど遠くてよくわからなかったのですが、これで見ると結構なビンテージですね。ショートスケールなので女子にぴったりでカラーリングも可愛いです。ビンテージのフェンダーは車に使う塗料を使っていたということでなんか納得です。

posted by sonho70 at 15:34| Comment(0) | guitar