2019年12月18日

バンド「天気予報」5回目のリハ。

バンド「天気予報」の5回目のリハを一昨日行いました。

今回はベースのアキくんの提案でオリジナル中心の練習。

とは言ってもこのバンド用のオリジナルはまだ無いので僕のCD『samba03』の中から「愛の季節」「フレヴォ」「砂の城」を合わせてみました。

CDにはキーボードなど沢山の音が入っているのでそれをトリオで演奏するのがなかなか難しいですね。

僕がギターでメロディを弾くと和音が無くなってしまいます。

ロックっぽい曲ならそれでもなんとかなるのですけど、テンションコードを使った曲だとちょっと物足りない感じになってしまいます。

ということで今回メロディ的なものはベースのアキくんに弾いてもらったりして試してみました。

「砂の城」は2年ほど前に弾き語りライブをした時はルーパーを使ってギターソロを入れたのですけど、今回僕がソロを弾いてしまうとC4,7(9) Bb4,7(9)みたいなコード感が無くなってしまうので、スタジオでいきなりベースのアキくんにソロを弾いてくれと無茶ぶりしてみました。

結果、なかなかいい感じになったと思うのでよろしければスタジオでiPhone一発録りした音源を聴いてみてください。

もうちょっとベースが聞こえたらいいなと思うのですが1ポイントモノラル録音なのでいつの日かちゃんと録音してみたいと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。