2019年11月05日

バンド「天気予報」の3回目のリハをしました。

昨日はバンド「天気予報」の3回目のリハをしました。

2回目は10月半ばにしたのですが、この時スタジオで借りたiPhone用の録音マイクの調子が悪く、音が録れてなかったので2回目はパスして今回の練習のレポートをアップします。

このバンドはマルコス・ヴァーリのアルバム『Previsão Do Tempo』の曲を自分たちの解釈で演奏するのが基本コンセプトなのですが、やはりオリジナルもやっていこうということになり、今日は僕のミニアルバム『Samba03』の中から「愛の季節」と「フレヴォ」を少し練習してみました。

ドラムの安江さんは『Samba03』やこのCDのレコ発ライブにも参加してもらったのですけど、16年も前のことですので今回新たにアレンジし直しです。今日は「愛の季節」を中心にやりましたが、ベースのアキくんの意見も取り入れなんとか路線は決まったものの、お聴かせするにはまだ早い気がしますので今日はマルコスの「Tira A Mão」という曲をアップします。

この曲のタイトルは日本語にすると「手をどけろ」なんですが、「俺の肩に手を乗せるなよ!喧嘩をふっかける気か?」というマルコスらしからぬ物騒な歌詞で、サウンドも不思議な感じです。

オリジナルはグニョグニョしたシンセが入ってますが、ギタートリオなのでエフェクターをたくさんかましたギターでなんとかグニョグニョ感を出せないかと試行錯誤しています。

ということで過渡期のサウンドですが良ければ聴いてください。

マルコス・ヴァーリのカヴァー曲「Tira A Mão」です!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。