2019年09月16日

ムスタングのブリッジ調整。

前回ムスタングのブリッジを交換してトレモロ・ユニットのスプリングを交換しましたが、トレモロ・ユニットが調整しても理想の状態にならないため、スプリングの強度を強めることにしました。

IMG_2244.JPG

スプリングはこのように付いていて末端に引っ掛けてある溝を変えることによって強度を変えられます。

IMG_2291.JPG

ということで今回下側の溝に引っ掛けて様子を見ることにしました。

IMG_2293.JPG

結果このようにアームバーが垂直になり、アップもダウンも同じくらいのストロークで動かせるようになりました。

IMG_2292.JPG

アームが使いやすくなったのでナットにもタミヤのミニ四駆グリスを塗って弦の滑りを良くしました。これによって少しでもチューニングの狂いが無くなれば良いのですが。

去年の5月にムスタングを購入し1年ほどブリッジは買った時のままで使っていましたが、正直アーミングは軽いけどチューニングが狂いがちで使いにくいなと思っていました。

色々調べてみると買った時の状態ではアームアップが全く出来ないようになっており、1ヶ月くらい前にこれを調整するとかなり使いやすくなりました。

今回スプリングも交換しアップもダウンもスムーズになったので、今後はもっとアームを活用したいと思います。

チューニング狂い対策としてBOSSの強力なチューナーTU-3も買ったことですしね!

posted by sonho70 at 22:35| Comment(0) | ギター、その他楽器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。