2019年07月23日

すかさずレスポールのドレスアップ

先週Les Paul Standard '60sを購入した話を書きましたが、すかさず自分好みのルックスにするため部品交換をしたのでここに記しておきます。

Les Paul Traditionalを買った時トラスロッドカバーを交換した話を書きましたが、もちろん新しいStandardも買ったら変えようと思っていました。

前回買ったものを流用すればOKだよねと思っていたらなんと、今回のStandardは無地のカバーが付属していました!

おい!それならTraditionalにも最初から付けておけよギブソン!1,800円もするカバーを買う必要無かったじゃん(笑)

まぁ、それは結果論なので忘れてサクッと交換しました。

IMG_1750.JPG

これが

IMG_1753.JPG

こうなりました。

お次はノブの交換。この60sモデルは50sと違うノブが付いています。

IMG_1812.JPG

こういうの。これがあまり好みではないので50sのノブを購入して取り替えます。

IMG_1789.JPG

こういうのですね。

IMG_1815.JPG

ノブの下に布を挟み込んで外します。

IMG_1816.JPG

はずれました。

IMG_1819.JPG

付け替え完了。

最後はエスカッション。

エスカッションというのはピックアップをボディーに取り付けた時、高さ調整ができるようにするプラスチックの部品のことです。

ギターを購入した直後からリアピックアップの傾きが気になってました。

IMG_1799.JPG

こんな感じ。

で、ネジを付け替えたりしてる時にふと気づいたんです。

あれ、これってオールドのレスポールと雰囲気が少し違う。

オールドのはこんなにピックアップがエスカッションから飛び出ていないぞと。

IMG_1852.jpg

これは『The Beauty of the Burst』という本の写真ですがエスカッションが高い。

で、色々調べてみたところ現在もギブソン・カスタムショップという高級ラインのレスポールにはオールドと同じ高さのエスカッションが使われているということ。

こりゃもうそちらに付け替えるしか無いぞということで買いました。

IMG_1788.JPG

ヒストリック・スペックのエスカッション。

またこのプラスチックの部品が3,000円以上するんです。あのトラスロッドカバーが1,800円なので慣れてきましたが高いよギブソン(笑)



と、嘆いていても仕方ないので早速付け替えました。

IMG_1820.JPG

うん完璧!(笑)

IMG_1821.JPG

オールドの写真と比較。いいんじゃないの!

IMG_1822.JPG

好みのルックスになりました。

ということでサウンドにはほとんど関係の無い自己満足改造のお話でした。

posted by sonho70 at 11:21| Comment(0) | ギター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。