2018年10月30日

磁石でピックアップを調査

IMG_9860.jpg

所有しているギターに付いているピックアップの磁極を調べようと思って、百均で子供用磁石を買ってきました。

ポールピースに磁石を近づけてNがくっつけばS極、SがくっつけばN極という単純な調べ方。

まずG&Lを調べた結果が、フロントN → センターS → リアNでした。

ということでセンターピックアップは逆磁極。

先日アナログテスターを買った時に位相は全部同じということがわかっているので、センターピックアップは逆磁極、逆巻きで、フロントもしくはリアとミックスした場合ハムキャンセルになっていることがわかりました。

続いてピンクのセルダーはフロントS → センターN → リアS。

さらにサンバーストのフォトジェニックもフロントS → センターN → リアS。

そう、結局所有しているストラトタイプのギターは全部センターが逆磁極、逆巻きのハムキャンセル仕様になっていることがわかりました。

これはちょっと意外。

ピックアップについて調べていると、センター逆磁極、逆巻き仕様になってるのは特別なタイプだという印象を持っていたのですが、超廉価版ギターであるフォトジェニック、セルダーもそうなっているということは、ごく普通の仕様なんですね。

ちなみにムスタングは2個のピックアップが逆磁極、逆巻きになっているというはわかっていましたが、調べると当然そのようになっていました。

それに反してカジノはシングルコイル二つですが同じ磁極になっていましたので、ミックスしてもハムキャンセルになっていませんでした。

カジノのピックアップはストラトよりも出力が高いのでハムキャンセルになってないとノイズも多そうですけど、特にノイズが大きいとは感じないので、ギブソンの設計者はあえて逆磁極、逆巻きにしなかったのでしょうか。

今回ふと思いついて百均で磁石を買ってきて調べてみると、結構色々なことがわかって楽しかったです。
posted by sonho70 at 13:39| Comment(0) | ギター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。