2018年09月05日

また赤いギターを買ってしまいました!

IMG_9470.jpg

また赤いギターを買ってしまいました。

去年のカジノ、今年5月のムスタングと続けざまに赤だったのにまたも赤。

ムスタングでフェンダーのサウンドに惚れてしまい、そうなってくるとやはりストラトキャスターも弾きたくなってしまったのです。

実は高校1年の時に初めて買ってもらったエレキギターがAria Pro II のディマジオピックアップ付きストラトでした。

でも当時はエレキをそれしか弾いたことがなく、フェンダーサウンドの魅力というのがいまいちよくわかりませんでした。(Aria Pro II はコピーモデルですがサウンドはちゃんとフェンダーしてたと思います)

若者は音を激しく歪ませたいのでハムバッキングの方が良かったかなと思っていたような。(その後ハムバッキングがついたイバニーズを買いました。当時はアイバニーズではなくイバニーズと言ってました。)

あれから30年以上経ってまたストラトを弾いてみたくなったのですけど、ストラトの50〜60年代のビンテージは軽く100万円を超えていて買えそうにありません。

というわけで80年代のフェンダージャパンに的を絞って色々探していたのですが、近頃は日本製の80年代のギターもビンテージ価格になっておりどうも買おうと思うものが見つかりませんでした。

フェンダーメキシコの中古や現行のフェンダージャパンを楽器屋さんで試奏させてもらったりしたけど、そちらもしっくりこない。

そんな時ふらっと入った楽器屋の店頭に今回買ったG&Lが店頭特価で飾られていました。

G&Lはフェンダーの創始者レオ・フェンダー氏がフェンダー創設メンバーだったジョージ・フラートン氏と共に設立したブランド。

http://www.glguitars.jp/aboutgl.html

つまりフェンダー直系のギターなんですね。今回買ったのはインドネシア製の廉価版だけど流石にしっかり作られています。

というわけでまた赤いギターを購入してしまうことになったのでした。

ここまで来るとギャス(G.A.S.=ギター取得症候群)の疑いが濃くなってきてます(笑)
posted by sonho70 at 14:32| Comment(0) | ギター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。