2018年01月29日

『風の谷のナウシカ』の続編をアニメで観たい。

IMG_8506.jpg

このところナウシカの絵を連続して描いているので、久々に漫画版を最後まで読み直してみました。

結果、ストーリーを知っているのにやっぱり引き込まれたし、全漫画の中で一番好きかもと思いました。

映画版のナウシカは多くの人が観ていると思うのですが、実はあの後に腐海や王蟲、そして巨神兵やナウシカの謎について漫画版で全て説明されているのはどれくらの人が知ってるのでしょうか。

ナウシカ漫画版最終巻の7巻は1995年に発売されていて、僕はその直後くらいに読んで設定に衝撃を受けました。

ここからちょっとネタバレあるのでご注意ください。

昨年、こちらも80年代に自分的にとても好きだった映画『ブレードランナー』の続編が公開されましたが、今回ナウシカを読みながら、ああナウシカも設定的にはレプリカントの話なのかもしれないと思いました。

以下重大なネタバレです。

ナウシカの世界に出てくる人間は、実は旧人類が人間を改造して作った新種の人類です。もちろんナウシカも含め。

自分達が人工的に作られた人間だということを知って、作った側に抵抗するストーリーという意味でもブレードランナーとの共通性を感じました。

同時進行で手塚治虫の『火の鳥:未来編』も読んでいてこちらもさっき読み終わったのですけど、同様に人工的に生物を作り出そうとする博士の話が出てきました。

光速を超えて宇宙を旅するとか、タイムマシン的なSFは実現する可能性が低そう(少なくとも自分が生きている間には)ですけど、こういうバイオテクノロジーで生物を生み出そうとするSFは近い将来実現する可能性が高そうで、考えさせられますね。

宮崎駿さんはアニメでナウシカの続編を作るつもりは無さそうなのですが、漫画版のストーリーを多くの人が知らないままなのはとても残念に思います。

庵野秀明さんが続編を作るかもしれないという噂もありますが、他にも優秀なアニメ監督がたくさんいるので僕が生きている間にナウシカをアニメ版でも完結させて欲しいものです。
(ちなみに庵野監督はアニメ版ナウシカで巨神兵を担当していました)

posted by sonho70 at 18:17| Comment(0) | アニメ・漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。