2017年12月26日

イラスト練習その17。

Scan10001.JPG

アンディ・ウォーホルはヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジャケットに代表されるポップ・アート的表現の時代の前に商業イラストレーターとして活躍していました。

そのイラストレーター時代の作品を観ると輪郭線がとても個性的なんですね。

これってどうやって描いているのかなと調べたところブロッテド・ライン・スタイルという手法で描かれていたんです。

文字で説明されているものを読んでもいまいち理解できなかったのですけど、このサイトの動画を観て納得がいきました。少しずつ転写していくんですね。



これを観てなんか自分でもやってみたくなって描いたのが今回の作品です。

結構面倒なやり方なんですが、他の方法ではこの線を出すのは難しいので楽しかったです。

他のモチーフもこの手法でチャレンジしてみたいですね。
posted by sonho70 at 00:07| Comment(0) | イラスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。