2017年10月31日

『ブレードランナー2049』を観てきました。(追記しました)

IMG_8049.jpg

自分のSF映画ベスト3に入る『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー2049』を昨日観てきました。

ちなみの他の2つは『2001年宇宙の旅』と『未来世紀ブラジル』です。この3本は全てレーザーディスクとDVDで持っています。

これから観られる方も多いと思いますのでネタバレを極力避けて書かないといけないと思いますが、結論としてオリジナルの『ブレードランナー』が好きな方は満足できる出来だったと思います。

※以下ちょっとネタバレ含みます。

1980年代に初めて観たブレードランナーは、重厚なストーリーと共にその斬新な映像にノックアウトされたものでした。

一番の特徴はそれまで未来の表現といえばテクノロジーが進化してとても便利になっているピカピカの未来が主流だったのに、ブレードランナーで描かれている未来といえば、あまりそうはなって欲しくない住みにくそうな未来なのでした。

なぜか日本ネタがたくさん出てきて、日本語で喋る路上飲食店のおじさんや、強力わかもと等の日本語の広告なども印象に残りました。

そんな映像表現が今作にもたくさん出てきます。(1作目に対するオマージュ?)

2049年の街に初代ワーゲンビートルのような車が走っているし、1作目の制作時には現存したパンナムの広告が今作にも映し出されています。(架空の世界なので問題は無いと思います)

また、前作でも印象的だった自転車に乗ったモブキャラが走るシーンもあるし、コンピューターのディスプレイが薄型液晶ではなくブラウン管だったりもします。

幾度となくオリジナルのブレードランナーを観てきた人にとっては、それらのシーンを見てニヤッとしてしまうでしょうし、オリジナルの2019年から30年後にはこうなっているのかとチェックしながら観るのも楽しいと思います。

ストーリー的にはオリジナルで明かされていなかったレプリカントの設定が明確に示されていて、そこは1作目で完結していても想像を膨らませる余地があって良かったのかなと思いましたが、特に不快な印象も無かったのでやはりファンは必見と言っていいでしょう。

ハリソン・フォードは最近スターウォーズでも何十年後かの役で出ていましたが、実は僕は昨年初めてスターウォーズをまとめて観た人間ですので、それほど感慨深くはなかったのですけど、ブレードランナーに関してはほぼリアルタイムでしたのでよくやってくれた!と思いました。

実際75歳にしては結構ハードなアクションシーンがあり、観ていて大丈夫かな?と思いましたがさすがの演技だったと思います。

あとやはり、主役のライアン・ゴズリングについても触れないといけませんね。

実は『ラ・ラ・ランド』を観た時この人の魅力がいまいちよくわからなかったのですけど、この作品を観ていい役者だなと気づかされました。アンドロイドの役なんて一体どんな風に演じたらいいか、とても難しいと思いますが違和感なくやってのけていました。

あと、アンドロイドを演じた女優達もとても魅力的だったことも付け加えておきます。

ということで、オリジナルのファンは僕がオススメしなくても観に行くと思いますけど、オリジナルを知らない若い世代の人たちも、この機会にオリジナルを含めたブレードランナーの世界を体験してほしいと思います。

おまけ情報なんですけど、エンドロールを眺めていてガボールという名前の人がとても多かったのに気づきました。

帰宅して買ってきたパンフレットを読んでみると、撮影の多くはハンガリーで行われているということだったのですが、どうもガボールという名はハンガリーの人に多い名前のようなんです。

シルバーアクセサリーのデザイナーやハンガリー生まれの英国の物理学者、あと、僕もレコードを持っているギタリスト、ガボール・ザボもハンガリーの人なんですね。

ひとつ勉強になりました。

=========================================

(以下にブレードランナー2049を観る前にチェックした方がいいかもという動画を追記しました)

先ほどこの記事をアップしてから『ブレードランナー2049』についてネットを検索していたら、実は今作を公開する前にショートフィルムが3本作られていたことを知りました。

僕はこれらを観ずに観ても十分楽しめましたが、これから観に行く方は観ておくとさらに楽しめるかもしれませんので、ここで追記として紹介しておきます。

「ブレードランナー ブラックアウト 2022」


「2036:ネクサス・ドーン」


「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」


posted by sonho70 at 11:25| Comment(0) | 映画・ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。