2017年09月03日

「イン・マイ・ライフ」のピアノソロ。

4年ほど前に中学時代に買って失くしてしまったビートルズの本を発見し再購入しました。

スクリーンショット 2017-09-03 11.42.52.png

当時嬉しくてTwitterにもつぶやいていました。

この本、ビートルズのいろんな曲のフレーズが掲載されているんですが
YouTubeで映像を観れるようになって「ブラックバード」なんかは
ポールとポジションが違うなとか、今となってはわかるんですけど、当時は重宝していました。

「イン・マイ・ライフ」の例のバッハ風ピアノソロも採譜されていて、
最近挑戦してみたんですけどあの速さでは到底弾けないんですね。それで諦めていました。



今年また上記の新しいビートルズの本を買って今読んでいるんですけど
そこに驚愕の事実が書いてありました。

あのソロを弾いたジョージ・マーティンの説明を少しここに引用させていただくと

「彼らがいないあいだ、ハープシコード的なソロがあればいいなと私は思った。私がワウンドアップピアノと呼んでいる手法を使ったよ。倍速だ。」

「あと、私はどのみち実際のスピードでは弾けなかった」

「自分がすごく上手く弾けるのだと、みんなを騙すことができる方法だ」

えー!!!!!!!
あれ実際のスピード弾いてなかったの?
40年くらい騙されてましたけど(笑)

ジョージ・マーティンが弾けないものを、自分が弾けるわけないじゃないですか(笑)

というわけで「イン・マイ・ライフ」聴いて楽しむだけにしておくことにしました。おしまい。

Wikipedia「イン・マイ・ライフ」
posted by sonho70 at 12:16| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。