2017年08月11日

Epiphone Casino 1966 改造記 #8 謎のビビり

数日前、いつも通りカジノの弦を弾いたらどこからか謎のビビり音が。

うわー、また来たかと思い色々調べてみました。

まず疑わしいのは先日交換したブリッジ。オリジナルのABR-1より支柱を通す穴が大きめだったからそこがガタついているのかと思い、試しにガタつかないよう小さく切った紙を挟んでみました。

全部セッティングして弾いてみたらまだやはりビビり音が。ということは原因ブリッジではない。

ちなみに紙を一枚挟んだだけでサウンドはちょっとこもった感じに変わりました。薄い紙一枚でこれだけ変わるというのはちょっと勉強になります。ブリッジのコマを金属からプラスチックに変えるという改造がありますが、あれも結構サウンドが変わるんじゃないかと想像できます。

それでまた耳をギターに近づけて色々探った結果、わかりました。ビビりはどうもピックアップから出ているようです。

日本製カジノの方も以前ピックアップからのノイズに悩まされリペアに出したのですけど、その時はピックアップのハンダが取れて共振していたとのこと。フルアコ構造で振動が大きいカジノではよくあるトラブルらしいのですが、今回もこれだったら面倒だなと暗い気分に。

思い当たるのは、先日弦を交換する時にピックアップを外してみたのでネジが緩んでいるのではないかということ。木ネジはあまり力を入れるとねじ切ってしまうのでちょっと控えめにしてたのが共振の原因かと。

ということで慎重に増し締めしてみたら治りました。あー良かった。
posted by sonho70 at 12:41| Comment(0) | Epiphone Casino
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。