2019年09月17日

学研アナログシンセSX150の改造

ずいぶん昔に学研大人の科学という雑誌に付録でアナログシンセが付いていて、シンセ好きでもあるので買って遊んでいました。

IMG_2271.jpg

こういうやつです。

同時期に同雑誌でテルミンもありそれも買いました。そちらには外部出力のためフォーン端子を増設していたのですが、今回そのフォーン端子をSX-150に移設してみます。

IMG_2274.JPG

テルミンはこの穴の位置にフォーン端子を増設していました。

IMG_2272.jpg

テルミンから取り外したこの部品をSX-150に移設します。

IMG_2273.jpg

だいたいこのあたりかなと。

IMG_2275.JPG

シールでマーキングして。

IMG_2277.JPG

ドリルで穴あけ。

IMG_2280.jpg

若干上過ぎました。

IMG_2282.JPG

しょうがないのでこういうのや、

IMG_2283.JPG

こういうので無理やり穴を広げてたら…。

IMG_2284.jpg

ボディがバキ〜ン!と割れてしまった(笑)

IMG_2285.jpg

でもなんとか完成。

これバンドで飛び道具的に使えないかと改造したのですが、やはりちゃんとした音程を出しにくいです。

でもノイズ発生器としては使えるかなと。

アンプに接続できるようになったのでエフェクターもかけられるので、試しにかけてみたら意外にそれらしい音が出て面白いかもと思いました。

ちょっと試行錯誤してみます。
posted by sonho70 at 12:26| Comment(0) | ギター、その他楽器

2019年09月16日

ムスタングのブリッジ調整。

前回ムスタングのブリッジを交換してトレモロ・ユニットのスプリングを交換しましたが、トレモロ・ユニットが調整しても理想の状態にならないため、スプリングの強度を強めることにしました。

IMG_2244.JPG

スプリングはこのように付いていて末端に引っ掛けてある溝を変えることによって強度を変えられます。

IMG_2291.JPG

ということで今回下側の溝に引っ掛けて様子を見ることにしました。

IMG_2293.JPG

結果このようにアームバーが垂直になり、アップもダウンも同じくらいのストロークで動かせるようになりました。

IMG_2292.JPG

アームが使いやすくなったのでナットにもタミヤのミニ四駆グリスを塗って弦の滑りを良くしました。これによって少しでもチューニングの狂いが無くなれば良いのですが。

去年の5月にムスタングを購入し1年ほどブリッジは買った時のままで使っていましたが、正直アーミングは軽いけどチューニングが狂いがちで使いにくいなと思っていました。

色々調べてみると買った時の状態ではアームアップが全く出来ないようになっており、1ヶ月くらい前にこれを調整するとかなり使いやすくなりました。

今回スプリングも交換しアップもダウンもスムーズになったので、今後はもっとアームを活用したいと思います。

チューニング狂い対策としてBOSSの強力なチューナーTU-3も買ったことですしね!

posted by sonho70 at 22:35| Comment(0) | ギター、その他楽器

2019年09月10日

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』をオススメします。(わずかのネタバレあるかもです)

先週の月曜日、クエンティン・タランティーノの映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観てとても良かったので、今日IMAXでもう1度観てきましたがやはり最高でした!

タランティーノの作品は暴力シーンが多いので僕はそんなに得意ではなく、全部の作品を観ているというようなファンではないのですが、今回の作品は自分がビートルズを聴き始めた中学2年の頃から知ってるシャロン・テート事件を描くということで、これは観なければと思い封切り直後に観に行きました。

ビートルズのホワイト・アルバムに入っている曲「ヘルター・スケルター」を解説する文書には、もうセットと言っていいくらいチャールズ・マンソンによるシャロン・テート事件の事が書かれています。

タランティーノがシャロン・テート事件を描くというのは自分の中で嫌な予感しかせず、しかしながらビートルズ・ファンとして観ないわけにはいかないなという事で公開直後に観に行ったのですが、タランティーノお見事!という感じでノックアウトされてしまいました。

ラストに関しては壮大なネタバレなのでここには書けませんがタランティーノは奇跡を見せてくれたと思います。

同時にタランティーノのシャロン・テートに対する愛、というかやるせない気持ちがひしひしと伝わってきました。

こんなに切ない気持ちにさせるラスト・シーンも珍しいと思います。

ただ、このラストシーンはシャロン・テート事件の事を知らなければ全く意味が違ってくるので少なくとも事実を調べてから観に行って欲しいと思います。

あと、「とはいえタランティーノだから血みどろで人いっぱい死ぬんでしょ」と思う方もおられると思いますが、少なくとも僕はエンディングに近いシーン以外はタランティーノ映画という事を忘れるくらい「普通の」映画を観てる感覚で楽しめました。

それとやはり舞台の年代が1969年という事で古くからの洋楽ファンには耳馴染みのある曲も多く流れるので、音楽ファンはかなり楽しめるのではないでしょうか。

もちろん主演のディカプリオ、ブラピ共に素晴らしい演技で見どころ満載です。

自分的には子役の女の子の達者な演技と、シャロン・テート役のマーゴット・ロビーの映画スターになりたての自分を楽しむ演技(そこが切ないのですが)が印象に残りました。

2時間40分という長めの映画で躊躇する人も多いかもしれませんが、ぜひタランティーノの魔法にかけられに映画館に足を運んでほしい傑作だと思います。

http://www.onceinhollywood.jp/
posted by sonho70 at 00:28| Comment(0) | 映画・ドラマ

2019年09月05日

バンド始動に向けてムスタング改造。

バンドメンバーが見つかったので、バンドで使おうと思っている66年製フェンダー・ムスタングを実践向けにパーツ交換してみました。

IMG_2226.JPG

今回入手したのはこの2点。 ステンレスのブリッジとトレモロユニットの強化スプリング。

IMG_2229.JPG

交換前のブリッジはこんな感じで錆びてて見た目も悪いです。

IMG_2230.JPG

外しました。ブリッジはここに差し込まれているだけなので載せ替えるだけです。

今回初めてトレモロユニットを外します。

IMG_2231.JPG

外れました。

IMG_2237.JPG

ここのスプリングを交換します。

IMG_2262.jpg

今回力が必要かもと思い上記のようなクランプを用意していましたが使うことはありませんでした。

が、しかしこのスプリングを外すのは硬くて苦労したー。

IMG_2238.JPG

特にこの部分がガッチリハマってて難しかった。

IMG_2239.JPG

しかしなんとか外せました。黒いのが今回取り付けるスプリング。

でも、よく見ると本来新しい方はノーマルより短くて硬いはずなんですが、サイズも硬さもあまり変わらないような気が。

スプリング自体も50年以上前のものにしては綺麗なので、もしかしたら前のオーナーがすでに交換していたのかも。

と言っても装着してみないと分からないので今回はとりあえず新しい黒い方に変更します。

IMG_2244.JPG

完了。

IMG_2246.JPG

ブリッジも新しいものを載せて弦を張りました。これから色々テストしてみます。

【小ネタ】
ニルヴァーナのカート・コバーンはムスタングを使っていましたが、このブリッジの高さ調整を上から六角レンチでできることを知らず、いちいち弦を緩めてブリッジを取り外して指でネジを回していたそう。
自分が知らなかっただけなのに「このギターを発明したやつはマヌケだ!」とレオ・フェンダーをディスっていたらしいです(笑)
posted by sonho70 at 15:03| Comment(0) | ギター、その他楽器