2019年08月16日

フォトジェニック・ストラトのトレモロユニット改善。

IMG_1970.jpg

2月に配線改造をしたフォトジェニック・ストラトのトレモロ・アームが、どうも引っかかる感じがして具合が悪いので調整してみました。

IMG_1976.jpg

とりあえずトレモロユニットを取り外しました。

IMG_1977.jpg

塗装のバリのせいかなと思ってドライバーで整えてみました。

IMG_1978.jpg

交換もありかなと思って測ってみましたが、ここが52mmというのは安ギター独特のモノらしく交換部品が入手しにくいらしいです。

IMG_1979.jpg

まあ、ブリッジ自体はそう悪くなさそうなのでこのまま行きます。

IMG_1982.jpg

元に戻してバネを一本張って動かしたところ、やはりどこかが干渉しているようで不快な感触。

IMG_1984.jpg

おそらくこのあたりの木部が当たっていると思われるので削ってみることにしました。ついに初の木部改造です(笑)

IMG_1985.jpg

とりあえずお家にあったこの彫刻刀で削っていきます。なんか夏休みの宿題をやっている気分(笑)

IMG_1986.jpg

ガシガシッ!

一度取り付けて動かしてみたところまだちょっと当たっている。

IMG_1987.jpg

さらにガリガリッ!

IMG_1990.jpg

こんな感じに仕上がり取り付けてみたところ、超スムーズに動くようになり大満足!

IMG_1991.jpg

ただ、アームを頻繁に力を入れて動かしたので根元からポッキリ折れちゃいました!

もともとこのギターには買った時アームが付いてなくてAmazonで安い中華部品を購入して使っていたので、アーム自体の強度が足りなかったのかも。

IMG_1999.jpg

ということでリッチー・ブラックモアも使っているというステンレスのアームを買ってみました。(リッチーがこの製品を使っているということではありません)

IMG_2002.jpg

上が安物で下がステンレス。なんか質感が違いますね。4,000円で買ったギターに定価2,000円のアームはバランス的におかしいですが(笑)

IMG_2007.jpg

というわけで無事完成。

このフォトジェニック のストラトはAmazonなどで1万円ちょっとで買えるギターですが、上記のような手間が発生するものの、ちゃんと調整すれば普通に使えますよ。

きっと工場では出来た部品をただ取り付けてあるだけなので、調整が甘い個体を初心者が買ってしまったら安いギターはこんなものかとあきらめてしまうのかもしれませんが、きちんとメンテしてやればなかなか良いギターだと思います。

去年から安ギターを3本買ってますけど、この個体は糸巻きもスムーズに動くしフレットのバリも気にならないのでとても気に入ってます。

レインボートーン改造をして本体まで削っちゃったりしたのでますます愛着が湧いてきました(笑)

posted by sonho70 at 13:01| Comment(0) | ギター