2018年11月14日

セルダーのストラト改造その3。ローカット増設の手直し。

前回ローカットを増設しましたが効きがあまり良くないのでG&Lと同じ構成にしてみることに。

IMG_0093.JPG

POTを秋葉原で苦労して探したCカーブ1MΩのものに交換します。

IMG_0096.JPG

左が元々付いていたもの、右が今回取り付けるものですがシャフトの種類が違います。

とはいえこのCカーブ1MΩのPOTはこのタイプしか売っていなかったので、ひとまずこれを取り付けてノブをどうするかはあとで考えることにします。

IMG_0098.JPG

というわけでこのように配線しました。

この状態でギターに取り付けチェックしてみると、ローカットは前回と違ってハイを保ったままうまく効いてくれるのですが、今度はハイカットの効きが変です。

これはもう全体的にG&Lと同じにするしかないかということで、ハイカットのPOTとコンデンサーも交換することにしました。

IMG_0103.jpg

G&Lのハイカットには0.022μファラッドのコンデンサーが付いていたので、21.42nファラッドを示すこいつを取り付けることに。

IMG_0104.JPG

POTもG&Lと同じAカーブの500KΩを取り付けます。

IMG_0105.JPG

POTも念のために測ってみましたが問題なし。(電子部品は多少の誤差があります)

IMG_0110.JPG

配線完了。これでG&Lのスムーステーパーボリュームのための抵抗以外は全て同じ構成になりました。

以前調べた時ピックアップの抵抗値もG&Lとセルダーはほぼ同じ(若干セルダーの方が低め)でしたので、回路的にはG&Lと同じトーンの効き方がする予定です。

ということで全部組み上げて試奏してみたところ、バッチリOKでした!

ハイカットもローカットもいい感じに効いてくれます。

IMG_0111.JPG

今回取り付けたPOTは元々付いていたものよりシャフトが太いため、全部押し込めず少し浮いていますが、回せなくもないのでとりあえずこれで完了とします。

トーンコントロールの配線を試行錯誤してわかったことは、回路的に間違っていなくても、抵抗値やコンデンサーの容量が違えばうまく機能しないということ。

きっとレオ・フェンダーも色々やってみて最終的にこの構成にしたんでしょうね。

特にCカーブ1MΩのPOTって一般的でないのにあえて使っているということは、ローカットにはCカーブ1MΩが最適だとレオ・フェンダーが判断したということでしょう。

安易に素人が別のもので代用しようとしてもうまくいかないというのはとても勉強になりました。

やはりレオ・フェンダーは偉大なり!
posted by sonho70 at 13:57| Comment(0) | ギター