2018年10月08日

『黙ってピアノを弾いてくれ』を観てきました。

IMG_9666.jpg

大好きなミュージシャン、チリー・ゴンザレスのドキュメンタリー映画『黙ってピアノを弾いてくれ』を観てきました。

ゴンザレスの『Solo Piano』『Solo Piano 2』はずっと聴き続けているし、最近出た『Solo Piano 3』も素晴らしい作品だったので公開されたら観に行こうと思っていたのです。

彼の書いた初心者向けのCD付きピアノ楽譜『Re-Introduction Etudes』も持ってるし、ピアノソロ以外のアルバムも聴いていましたが、この映画で知った情報は知らないことばかりでやはり観に行って良かったです。

カナダ生まれというのは知っていましたが、フランスに行く前にドイツでラッパーとして活動していたのは意外でしたし、映画のタイトル通りよく喋る人だなーと。

カナダ時代はモッキーとも一緒に活動していたんですね。

デヴィッド・ボウイ、プリンス、そしてなんとモリッシーも好きだというのも嬉しかったです(笑)

中盤からピアノを中心とした活動に転身してからが描かれますが、ここも興味深い内容がたくさんありました。

読譜が苦手で何年か前からピアノ初歩段階の楽譜を読んで練習しているというのが、自分もつい最近になってクラシックギターを習っていたことを思い出しとても共感できました。

自分の曲ならあんなに自由自在に弾ける人でも、楽譜を読みながら弾くとたどたどしくなってしまうんですね。

ラヴェルの和音を読むのに1分半かかるというのも、わかるー!って感じでした(笑)

ということでゴンザレスに興味のある人なら観に行ってみてはいかがでしょうか。

http://www.transformer.co.jp/m/shutupfilm/







posted by sonho70 at 21:35| Comment(0) | 映画・ドラマ

G&Lのトレモロアームを改善してみた。

9月初めにG&Lのストラトモデルを買ったのですが最初からとても使いにくいなと思っている点がありました。

IMG_9644.jpg

それがこの写真。トレモロアームがボディに平行に近い角度でとても使いにくいんです。

ムスタングのダイナミックビブラートに慣れているせいか動きが硬い上にアームを持ちにくい。

そこでアームを交換してみることにしました。

最近安ギターを2本買い、どちらともアームバーが付いてなかったのでアマゾンで安いのを買ってみたのですがサイズが細くて1本余っていましたのでこれを付けてみることにしました。

IMG_9642.jpg

ネジの部分が細いんですね。

IMG_9648.jpg

ちなみにG&Lはネジ式でなくバーを突っ込んで横からネジで止めるタイプですのでストラトの標準的なバーをそのまま使うことができません。

そこで家の中を見渡したところあるアイデアが浮かびました。

IMG_9643.jpg

以前iPhoneの充電ケーブルを修理する時に買った収縮チューブをかぶせて収縮させて突っ込めばいいのではと。

IMG_9649.jpg

こんな感じ。

しかし、1枚だと細すぎてスカスカ、2枚だと太すぎて入りません。

そこでネットで以前見つけていた方法も試してみました。

百均で売っているコードを束ねるコイルチューブをバーに巻いて差し込むという方法です。

家でエフェクターに使っているのを少し切って巻いてみましたがサイズが大きいので固定してくれませんし、穴に入りません。

仕方ないのでこの日はあきらめて東急ハンズに使える素材を探しに行きました。

IMG_9653.jpg

それがこの3つ。先に試した方法をさらにピッタリのサイズにするためにコイルチューブと収縮チューブの細いタイプを購入。さすが東急ハンズ。百均では手に入らないサイズが売っています。

まずはネットで成功している人がいるコイルチューブを巻きつける方法を試してみます。

IMG_9656.jpg

差し込む長さにカットして。

IMG_9657.jpg

トレモロユニットの穴に差し込みます。

IMG_9660.jpg

そしてねじ式のアームをぐるぐる回して差し込んでいくと。

IMG_9662.jpg

バッチリ固定できて角度もとても使いやすい!

いきなり問題が解決。これでG&Lで快適なアーミングライフを楽しめそうです(笑)

posted by sonho70 at 12:28| Comment(0) | ギター