2018年09月10日

ムスタング、プチ分解。

ムスタングの弦を交換したので、ついでにピックガードを外して中を覗いてみました。

ただ見ているだけでは何がどうなっているのかわからないので、先日買った『ムスタング・オーソリティ』という本を見ながら色々確認してみました。

IMG_9475.JPG

これがブリッジ。けっこう錆びてます。

サドルはクロームに対して錆びに弱いニッケルを使っているからとのこと。実はムスタングには本来ブリッジカバーが付いていて、じかに触れることはないサドルはニッケルにしていたのだけど、実際はカバーをして弾くプレイヤーがほとんどいなかったため錆びているものが多いらしいです。

僕のムスタングにもカバーは付属していませんでした。というかカバーの付いてるムスタングってほとんど見ませんよね。

IMG_9476.JPG

ブリッジ自体はクロームメッキなのであまり錆びてません。

IMG_9491.JPG

これがレオ・フェンダーがムスタングのために開発したダイナミック・ヴィブラート。

PAT.PEND.は特許出願中だけど、特許が認可されるのは1966年3月22日で66年後期からはここにパテントナンバーが記されるとのこと。

ということでこのムスタングは66年の早い時期のものなのかなと思ったのですが…。

IMG_9480.JPG

ピックガードを開けたところ。

IMG_9487.JPG

フロント・ピックアップ裏に製造日が書かれています。これは1966年10月7日とのこと。

あれ、これを見ると66年前期製じゃないのかな。ビブラートだけ少し前の在庫を付けたのかなと想像が膨らみます。

IMG_9488.JPG

リア側のピックアップは1966年10月20日。

フェンダーのピックアップ職人にアビゲイル・イバラという女性がいて、彼女のサインが入ったピックアップが高値で取り引きされているらしいのですが、これはそれではなさそうですね。別に売るつもりは無いのでどうでもいいのですが。

IMG_9483.JPG

ピックアップ・セレクター裏側。何がなんだかわかりません(笑)

IMG_9484.JPG

ボディに刻印されたこのLSという文字には何の意味があるのでしょうか。

IMG_9485.JPG

ネックは外していませんのでネックデイトはわかりません。

ピックアップの下にはブラス製のシールドが敷かれています。

IMG_9486.JPG

ピックアップ・セレクターの下には、上からの圧力を防ぐためにスポンジが貼られているのですが経年変化でこのようにスポンジの原型をとどめていない物体が張り付いています(笑)

IMG_9490.JPG

ピックアップ・セレクター別方向。

IMG_9492.JPG

コントロール・キャビティーの下にもブラス製シールド。

IMG_9493.JPG

トーン用コンデンサーはBestran Corporation製(Dilectronブランド)の0.05μファラッド/50V耐圧セラミック・コンデンサが使われています。ムスタング・オーソリティからの受け売りなので、どういう意味があるのか全くわかりません(笑)

IMG_9499.JPG

ボリュームポットはStackpole製。ポットデイトは304-6631。304はStackpoleのブランドコード、6631は1966年第31週(8月)の製造とのこと。これもムスタング・オーソリティの受け売り。

IMG_9498.JPG

トーンポットのデイトは304-6618。1966年18週(5月)製ですね。ボリュームと製造月にけっこう開きがある。

ということで今回プチ分解してみたことで僕のムスタングはピックアップのデイトから少なくとも1966年の10月20日以降の製造ということがわかりました。

ネックデイトも見ないと何とも言えませんがネックを外して調子悪くなるのは嫌なので、そちらの確認はまたの機会ということで。

最後に『ムスタング・オーソリティー』という本は本当に買って良かったです。こんなに詳しくムスタングの内部構造のことが載っている本は他にはありません。今回もっとエレキギターの構造を勉強しなければいけないなと思いました。

posted by sonho70 at 14:10| Comment(0) | ギター