2018年04月07日

おすすめのNPRライヴその13。Graham Nash



去年ブリティッシュ・ビートであまり聴いてないものを聴くというマイブームがあり、ホリーズもその時よく聴いていました。

Tiny Desk Concertを順番に観ていってる時にこのグラハム・ナッシュに行き当たり、なにげなく聴き始めたらよく聴いていたメロディーが!

え!グラハム・ナッシュってホリーズの人だったの?!

知っている人からしたら何を今さらでしょうけど、CSN&Yとか全く聴かなかった僕はCとSとYはかろうじて知っていましたが、Nがホリーズの人だと全く知りませんでした。

だってCSN&Yとかすごくアメリカのイメージで、そこにイギリス人が入っているなんて思ってもみなかったんです。

しかも今調べたら「バス・ストップ」って作者はグラハム・グールドマンって人でグラハム・ナッシュじゃない。

同じグラハムだし一瞬家族かとも思ったけど、よく考えたら名前だから違うじゃん。彼らの関係性は?頭に?の嵐。

さらにこの動画にはまた僕の知らなかった事実が!

サポートのギタリストの人、日本人の音楽好きなら絶対知ってるあの人に似てませんか?

Shane Fontayneって人なんだけど絶対似てる。でも名前違うしな…。

って調べてみたらやっぱりピーター・バラカン氏の弟じゃん!

本名はMichael Barakanさんということ。紛らわしいよ(笑)

ということで今回のTiny Desk Concertは発見の嵐でした(笑)

NPRライブ(Tiny Desk Concert)って何?という方に → おすすめのNPRライヴその1。Anderson .Paak

posted by sonho70 at 15:59| Comment(0) | NPRライヴ

2018年04月03日

おすすめのNPRライヴその12。The XX



The XXは以前から知っていましたし、話題になっていたのでApple Musicで何度も聴いたことがありました。

しかしながらこのNPRのライヴを観るまで実はあんまりピンと来てませんでした。

スタジオ録音された音源は結構平坦な打ち込み要素が強く、テンションも低い感じでいまいち印象に残らなかったのですね。

でもこのライヴを観るとギターとベースというミニマルな構成で、そのテンションの低い感じがどこか80年代初頭のイギリスのインディーズのアーティスト、例えばヤング・マーブル・ジャイアンツやEBTGっぽくていい感じじゃないですか。

生演奏を観ることによってそのアーティストに対して勝手に抱いていた印象が覆る瞬間がNPRのライヴにはたくさんありますが、このThe XXもそんなアーティストでした。

僕と同世代の人は先入観にとらわれずにこのライヴだけでも観て欲しいです。

NPRライブ(Tiny Desk Concert)って何?という方に → おすすめのNPRライヴその1。Anderson .Paak

posted by sonho70 at 19:07| Comment(0) | NPRライヴ

2018年04月01日

おすすめのNPRライヴその11。Raul Midón



今回も最近の演奏からラウル・ミドンを紹介いたします。

お恥ずかしながらラウル・ミドンに関しては名前を聞いたことがあるかな?程度の認識で、音源を聴いた覚えが全く無かったのですが、このライヴを見て衝撃を受けました。

どうして今まで知らなかったんでしょうか。

それはApple Musicで彼のアルバムを聴いてわかりました。そう、レコーディングされた音源では彼のライヴの良さがわからないんです。

スタジオ・レコーディングの音源はかなり作り込まれた感じでバックバンドの音も多く、それだけを聴くと割と普通のR&Bに聴こえてしまうんですね。

多分ラジオなどで音源は耳にした事があったかもしれないんですけど、スタジオ音源のサウンドでは僕の耳を素通りしていたのでしょう。

アーティストのライヴの実力を見せてくれるという点でもNPRのライヴは貴重なメディアだと思うのです。

NPRライブ(Tiny Desk Concert)って何?という方に → おすすめのNPRライヴその1。Anderson .Paak

posted by sonho70 at 16:30| Comment(0) | NPRライヴ