2017年10月10日

『フィンランド独立100周年記念フィンランド・デザイン展』に行って来ました。

IMG_7884.jpg

昨日はお休みで天気も良かったのでちょっと足を伸ばして府中市美術館で開催されている『フィンランド独立100周年記念フィンランド・デザイン展』に行って来ました。

府中市美術館は府中の森公園の中にあります。

府中の森公園は2013年に、知人に誘っていただいた野外フリーライブに出演させていただいたので一度行ったことがありました。

その時売店で軽食やビールを買って楽しんだ記憶があったので、今回も美術館に入る前に焼きそばとたこ焼き、そして缶ビールを買ってベンチでいただき、ちょっとしたピクニック気分を味わいました。

お天気の良い日に外で飲むビールは格別ですね!

さて、その後本来の目的である『フィンランド独立100周年記念フィンランド・デザイン展』に移動したわけですが、自分がフィンランドという国で知っていることというと、ムーミン、マリメッコ、かもめ食堂という映画くらいのもので、どこにある国かもおぼつかない感じです。(これを書いている時点でもよくわかってない)

北欧デザインの自分のイメージというと、夏が短く冬が長いという地域柄、室内で過ごす時間が多いため生活空間のこだわりが強いという感じでしょうか。

今回の展示も家具や食器、テキスタイルデザインが中心で、普段の自分の生活で使っているものから比べるとこだわり度が高いものが多数展示されていました。ひとことで言うとオシャレ。

その中で自分的にいちばん印象深かったのはマリメッコのデザイナー、マイヤ・イソラの展示でした。

IMG_7886.jpg

マリメッコという会社の商品は知っていましたが、デザイナーにまで思いを募らせたことはなかったので、今回この展示を見て自分の中のマリメッコのイメージはこの人の作品だったのだと認識しました。

シンプルな形と鮮やかな色の組み合わせがエヴァーグリーンな輝きを放っていて、マティスの絵画やウォーホルのポップアートを観ているような感覚を覚えました。

その他、ムーミンの原作者トーベ・ヤンソンの原画なども展示されていて、最近絵を描き始めた自分的にはとても興味深かったです。

IMG_7874.jpg

エーロ・アールニオというデザイナーの「ボールチェア」にも座れます。

この展示会は10月22日(日)までですので、北欧デザインに興味のある方は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

http://finnish-design2017.exhn.jp/
posted by sonho70 at 11:33| Comment(0) | 日記