2017年09月14日

タイムマシンこれがボサノヴァ第5回 1999年9月9日『ヴィニシウスについて』

18年前の今頃、こんなことを書いていました。そういえばこの頃何度かDJをしてたんですね。

---------------------------------------------

この記事はヒガシノリュウイチロウのHP『これがボサノヴァ』に以前掲載していたものです。

タイムマシンこれがボサノヴァについて
http://samba03.sblo.jp/article/180664867.html

第5回1999年9月9日『ヴィニシウスについて』
(以下再掲載文です。)

そうこうするうちにまた一ケ月以上経ってしまいました。この間に僕も参加するイベント「アロ、アロ、ブラジル!」の詳細も決まってきて期待も高まる半面、DJなんてはじめてなので焦りまくっています。このHPで紹介しているような純ボサノヴァをかけようと思っていますので、みなさんぜひお越しください。
 
さて最近の僕のリスニング傾向なのですが、なぜかヴィニシウス・ヂ・モラエスに興味が沸いてきています。ボサノヴァ聴き初めのころは「ああ、イパネマの娘を作詞した博識なおじさんね。」みたいなとらえかたで、音楽的には注目してなかったのだけど、最近「実はヴィニシウスこそがボサノヴァなのでは?」と思うようになってきました。

はっきり言って音楽的には素人同然なのですが「この程度の歌唱力でいいのなら私にも出来る。」と思わせるところが実にパンク的でいいのです。ヴィニシウスは数か国語を話せて、しかも各国の詩を原語で読んでいたというほどの超インテリなわけですが、そんなことが自分と接する人達に重荷にならないよう、常に気をつかっていたそうです。

そうとうな呑んだくれで、よれよれのところもカッコイイな。おじいちゃんになった頃の映像なんか見るとヒッピーの教祖のようでもあります。(勝新に似ているという説在り。)

●ヴィニシウス・ヂ・モラエス「エン・ラ・フサ」



ヴィニシウスって結構たくさんアルバム出しているのだけど、今回はこのアルゼンチンでの録音を紹介いたします。

女性ヴォーカリスト、マリア・クレウザと、ギター/ヴォーカルのトッキーニョとの共演盤ですが、ライヴのようなそうでないような…。

どちらにせよ、演奏はのりにのってて素晴らしいです。70年代前半の録音ですが、このころにはヴィニシウスも歌い慣れてきて安定度の高い歌いっぷり。曲目も「フェリシダージ」「ビリンバウ」「イパネマの娘」「ミンニャ・ナモラーダ」等、ボサノヴァ・ファンにお馴染みのものが中心なので、ヴィニシウス初心者にもとっつきやすいのでは。

若き日のマリア・クレウザの可憐な歌声、トッキーニョのタイトなギターも楽しい演奏を盛り上げています。ヴィニシウスお得意の「語り」も存分に楽しめますよ。(言葉がわかったらなぁ…。)