2017年08月06日

クラシックギターレッスンで得たもの。#1 初歩からのギターレッスン

2013年に長らくお休みしていたライブ活動を再開しましたが、再開後ギター演奏力を高めたいと思いクラシックギターのレッスンを受けることにしました。

2013年の5月から2016年の5月まで3年間、神保町のアンダンテというギターショップ/スクールで坂場圭介先生に習いました。

元々ギターは中学2年の頃に独学で始め一度も習ったことが無かったので、楽譜に弱く、正しいフォームなども教えられたことが無かったので一度基本からやり直したいと思っていたのです。

譜面を読むのもおぼつかない状態からなので、読譜のための教則本『AARON SHEARER - LEARNING THE CLASSIC GUITAR』というものから始め、通称青本と呼ばれる『小原安正 - 教室用新ギター教本』、そして合間に自由曲を挟みながら
『カルカッシ25のエチュード』まで進み、『セゴビア編ソル・20のエチュード』まで来た時、このままクラシックギターばかり練習してるとそれだけで時間がなくなり本末転倒だと思い一旦休止することにしました。

その後も覚えた曲を忘れないよう日々弾いていますが、またカルカッシを最初からやってみるのもいいかなと思っています。

posted by sonho70 at 13:50| Comment(0) | 演奏技術