2017年08月03日

エピフォン・カジノとは

エピフォン・カジノについて色々書いてきましたが、考えてみれば知らない人にとっては「一体どんなギターなんだ?」という感じかもしれないので、このギターを僕なりに解説してみたいと思います。

エピフォンというメーカーについて。

現在楽器屋に行くとエピフォンはギブソンの廉価版ブランドのようになっていて、とても安価なレス・ポールやSG等が売られていますが、元々は別のライバルメーカーでした。

1957年にエピフォンはギブソンに買収され、1970年までギブソンのカラマズー工場でエピフォン製品が作られることになります。つまりこの時代のエピフォンはギブソンと同じ材料が使われ同じ職人が作っていたので同等のクォリティを持っていたと言えます。例えばエピフォン・カジノとギブソンES-330はヘッドとピックガードの形状、指板のポジション・マークが違うくらいでほぼ同じギターです。

カジノは前述のようにギブソンのESシリーズ(エレクトリック・スパニッシュ・シリーズ)ES-330のエピフォン版ですが、ビートルズが使用したことで圧倒的にES-330より知名度が高いです。

ビートルズはポール・マッカートニー、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスンの3人が所有し中期から後期のライブやレコーディングにカジノを多用したので、ビートルズ・サウンドを語る上でリッケンバッカーと並んで重要なギターと言えるでしょう。

mcclure-beatles-section7-mobile.jpg

1966年の武道館ライブの写真を見てもジョンとジョージがカジノを弾いていますね。

paulcasinopaperback.jpg

ポールは現在もステージでビートルズ時代に手に入れたカジノを使っていますし「もし、エレキギターを1本選ばなければいけないとしたら、これになるよ、最も好きなエレキギターだね」と語っています。

369cebee9e570ce660baf7c70a8df5eb--keith-richards-young-bass-guitars.jpg

他にもストーンズ初期のキース・リチャーズやキンクスのデイヴ・デイヴィスが弾いていますし、近年のポール・ウェラーもトレード・マークのように使い続けています。

Paul Weller Riot Fest.jpg

カジノの最も大きな特徴は薄いボディーながらフルアコースティック構造になっている事。外見はES-335と似ているけれど、335は中にセンターブロックと呼ばれる木材が通っているのに対して、カジノにはそれがなく全体が空洞になっています。

フルアコースティックでよく振動するボディだから生っぽい音がするのかというとそういう事はなく、ギブソンの定番シングルコイルピックアップP-90が生み出すサウンドは結構ワイルド。60年代ブリティッシュ・ビートの歯切れの良いカッティングにピッタリなサウンドを作り出せます。

そんな独特のサウンドを持つカジノですが1970年代以降の音楽、特にロックではよりハードなディストーション・サウンドが好まれるようになり、構造上フィードバックしやすいカジノは次第に使われなくなっていきました。ルックス的にもハードロック等に向かないというのもあったかもしれません。

しかしながら今もカジノは作られていますし、大き目の楽器店に行けば必ず在庫されています。主にビートルズの影響と思われますがレスポールやストラトなどに次ぐ定番の人気ギターなんですね。アメリカ、日本、韓国、中国と製造拠点は変わったものの廃番にならずにずっと作り続けられている事実がカジノの人気を証明していると言えるでしょう。

最後にカジノ豆知識をひとつ。

楽器屋にカジノを見に行けば必ずナチュラル・フィニッシュのカジノが置いてあると思いますし、実際人気のあるカラーだと思います。

しかし実はこの色は最初からエピフォンが作っていたものではなく70年代から作られ始めたものなのです。

N_120511A4.jpg

それは何故かというと、ジョン・レノンがビートルズ後期にこの色のカジノを弾いているからに他なりません。なんと、ジョンは1966年春に購入したサンバーストのカジノの塗装を剥がして使っていたのですね。そう、ビートルズの写真を見るとジョンは2種類のカジノを使っているように思いますが、サンバーストとナチュラルは同じギターなのです。

N_120511A3.jpg

ビートルズは楽器の改造をとても積極的に行なっていて、特に後期はギターの塗装を剥がすと鳴りが良くなるということに気付き、カジノの塗装が剥がされることになったのです。

その剥がされたフィニッシュカラーが現在公式にカジノのカラーに取り入れられているということなんですね。そう、おそらくジョンが塗装を剥がさなかったらこの色はカタログに載っていなかったのかもしれません。以上カジノ豆知識でした。

posted by sonho70 at 14:01| Comment(0) | guitar