2017年07月22日

ギター無窮動トレーニング始めました。

先日購入したギター教則本『ギター無窮動トレーニング』を始めましたが1曲目からめっちゃむずい(笑)

Amazonの解説によると
“無窮動(むきゅうどう)とは、パガニーニの「無窮動 op.11」など、クラシックでは常動曲とも呼ばれる、コード進行にそった音符で埋めつくされた休符のないフレーズ・エクササイズのこと。”
で、八分音符が延々と続く曲がこれでもかと詰め込まれております。

僕はYouTubeでエレキギター博士(ギターめっちゃ上手い)の動画を見ている時に博士が弾いててこの本を知り興味が出たので購入してみました。(動画の2:00くらいから)



若かりし頃ギター少年だった時は例に漏れずジミー・ペイジやエリック・クラプトン等をコピーして弾いてましたが、ほぼペンタトニック一発でなんとかなり、それで満足していました。

たまにラリー・カールトンなどの八分音符が延々と続く曲に出くわしても、自分とは関係の無い世界のギターだと諦め、深入りすることはありませんでした。

一時はジャズの教則本など買って読んでみましたが、コード進行によってスケールを変えていくなんて書かれてても、全くできる気がしないのでした。

ボサノヴァをやり始めてからはさらに単音でソロを弾くことなど無くなったので、こういう勉強は全くしていなかったのですけど、最近ルーパーを購入してソロもできるなと思い、初心に帰ってギターソロも勉強してみようと思いこの本の購入に至ったのです。

ギター弾き語りをする人の共通の悩みは間奏をどうするかということだと思います。単にコードを弾いてみたり、コード進行にそれらしき装飾音を入れてごまかしたり、ハミングしてみたり、口笛吹いてみたり。

しかしルーパーを導入したらもっと楽に間奏を弾けるではないですか。もっと早くやってれば良かったと思いました。

というわけでペンタトニック一発ではないソロを弾けるようになりたいということで頑張ってみたいと思います。
まあ実際に演奏に取り入れらるようになるのかどうかは不明ですけど。やっぱり途中で挫折するかもしれないし(笑)

posted by sonho70 at 17:13| Comment(0) | 演奏技術

Epiphone Casino 1966 改造記 #3 ピックガード その2

さて今回から改造の域に入っていきます。ピックガードを外した時に気づいたのですが、ネック側に付いているビスの下にあるべき部品が無いのです。カジノはギブソンのP-90ピックアップを搭載していますが、ピックガードを取り付ける時ピックアップのネジ止め部分(通称ドッグイヤー)の厚さぶん底上げする為にブッシュが挟まっているのですね。それが無い。エピフォンのサイトにカジノを弾いているジョン・レノンの写真が載ってます。ジョンはピックガードを外して使ってましたがネジとそのブッシュは取り付けて使ってました。それが小さいですが写真で確認できます。

http://www.epiphone.com/News/Features/2015/Happy-Birthday-John-Lennon.aspx

気づいてしまったからそのままにするのはいやなので、もう一本持っているカジノ(日本製)からその部品を外して1966の方に取り付けました。それで、取り外したカジノの方はどうしたかというと、工具箱から発掘した自転車の空気入れ部分のキャップをカットして装着しました。写真左側が日本製カジノに付いていた部品、右側がキャップをカットして自作した部品です。

IMG_7391.jpg
posted by sonho70 at 13:59| Comment(0) | Epiphone Casino